街の再開発で盛り上がった地域

男女

今、武蔵小杉と言う地名を聞くと多くの人はタワーマンションで有名な所となると思われます。1990年代後半から街の再開発が進み、急速の街となってしまいました。それまでは工場地帯として有名な街で決して明るい雰囲気があった訳ではありませんが、工場などが地方や海外へ移転したことから住宅街へと変身することになりました。その結果高層マンションが乱立したことで、若い人たちが好んで暮らすようになっているのがこの街の現状です。ここ武蔵小杉では多くの鉄道路線があり、都心や横浜、川崎と言ったそれぞれの中心街へ出ることが非常に便利と言う特徴があります。唯一欠点と思われることが、街の開発が大手のデベロッパーが行っていないことで、街作りがバラバラになってしまったことです。そのため賃貸物件の数も多いのですが、賃貸料にも幅が広くなっているのが現状です。

JR線沿いか東横線沿いか

武蔵小杉駅周辺で賃貸物件を探す時には、JR線沿いを探すのか東横線の利用を考えて探すのかと言うことになると思われます。家賃を比較してみると、JR南武線沿いが高めとなっていることが多いとされますが、川崎市内からみるとかなり安いと考えて良いでしょう。また東横線沿いの賃貸物件では、1K物件でも7万円から8万円で推移されており、都心から近い割には手頃な価格で収まっているようです。賑やかな雰囲気となっている武蔵小杉周辺ですが、JR駅の西側にある小杉町は、比較的おとなしい住宅街となっています。徒歩で多少時間がかかる場所にもなりますが、喧騒を避けたいと考える人には住み良い街となっています。

高級マンションにはそれなりの良さも

武蔵小杉周辺の賃貸料を考えると、小さな部屋で7万円からになり家族が住むような3DKになると20万円は超えることになると知っておくべきです。今、武蔵小杉が人気の街となったことから、高級マンションの建設も多くなりました。これらマンションの家賃を考えると、一般的なマンションと比べ1.5倍から2倍となっていることが判ります。特に高級感を醸し出す高層マンションの高層階では、2LDKでも30万円と言う声が聞こえて来ることが多くなります。高級マンションの良さは、自然溢れる作りとなっていることから周辺には緑も多く、子供さんたちにも安全の配慮がなされていることです。また買い物などの不便を感じさせることがない店舗も用意されていることから、無駄に歩きまわることがないようにもなっています。生活環境を考えると高級賃貸マンションに住むことも贅沢だけではなく、安心の出来る暮らしに繋がっていると考えて良いのではないかと思われます。

広告募集中